弁護士に相談してみよう

弁護士B型肝炎訴訟に関して弁護士に仕事を依頼するとなると結局かなりお金を取られてしまうのではないかと心配する人もいます。実際弁護士に相談した場合、そして訴訟の手続きを依頼した場合どのくらいの費用がかかるのでしょうか。もちろん弁護士事務所によって金額が異なってくるので絶対的な相場というものはないわけですが、近年最初の相談や調査費用、さらには着手金というものが無料という弁護士事務所も珍しくありません。弁護士費用の主な部分は給付金として受けられるお金から支払われるものなので、最初にいきなり高いお金を取るようなことをしない事務所が増えてきています。

こうした流れは経済的に余裕がなく、同時にB型肝炎訴訟によって給付金を請求したいと考えている人にとっては非常に嬉しいものでしょう。何はともあれまずは弁護士などの専門家にしっかりと相談するからことから始めて欲しいです。メールなどで最初の問い合わせができる弁護士事務所も多いので、あまり自分の中でハードルを高くせず、気軽な気持ちで最初の相談をした方が良いでしょう。書類の揃え方等に関しても、こうした専門家にサポートしてもらったほうが正確に早く揃えることができるはずです

弁護士費用参照…スター綜合法律事務所

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

給付金がもらえるか確認

自分がB型肝炎ウィルスに感染していることが分かった場合、感染経路を当然確認しようとするはずです。大人になってからの性交渉などでB型肝炎ウィルスをもらってしまったという可能性もあります。そのようなケースの場合はB型肝炎訴訟の対象者にはなりえません。しかし過去の集団予防接種等により感染してしまったことが明らかな方、さらには自分の母親が過去の集団予防接種でB型肝炎ウィルスに感染し、その母親から母子感染によってウィルスをもらってしまった人はB型肝炎訴訟の対象者になります

インターネットそしてB型肝炎訴訟ではそうした感染経路に関してきちんと証明する必要があります。いろいろと微妙なケースもあるはずなので、少し読んだだけでは自分が給付金を請求できる立場かどうか判断がつかないという場合もあるでしょう。 その家の人は弁護士などの専門家に相談するのがベストですが、その前に手っ取り早く確認したいという場合は、インターネットなどでB型肝炎給付金診断というものがありますので、そうしたサイトを使って自分で給付金を請求できる立場かどうか簡単に確認してみるのはいかがでしょうか。それでもわからない時や、明らかに給付金を請求できる立場にありそうな時はなるべく早く専門家に相談することをおすすめいたします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

B型肝炎という問題

注射器この日本でも依然として多くの病気に悩んでいる人がいますが、B型肝炎という病気も社会的に非常に大きな病気として認知されています。しかし一口にB型肝炎ウィルスに感染していると言ってもその感染経路はさまざまです。母子感染のように親からこのウィルスをもらってしまった人もいますが、過去には集団の予防接種などの際に不衛生な注射器の使用によってB型肝炎ウィルスを感染させられてしまったという人もいるのです。こうした問題に関して国が責任を認めB型肝炎訴訟を起こす人に対して給付金を支払うことに決めました。しかし何でもかんでもB型肝炎ウィルスに感染している人に無条件で給付金が支払われるというような事はもちろんありません。必要な書類等を全て揃え、必要な条件を満たした人にやっと給付金が支給される仕組みになっています。

国が責任を認めたのになぜ訴訟と言う手間のかかる手続きが必要なんだろうと不思議に思う方もいらっしゃることでしょう。実際B型肝炎ウィルスに感染している人は過去の集団予防接種などで感染した人以外にもたくさんいらっしゃいます。ですから本当に集団予防接種などでB型肝炎ウィルスに感染してるかどうかをきちんと審議するため訴訟という方法がとられています。過去の予防接種などで注射器の連続使用が問題で感染したということを証明する必要があるわけです。逆に国側としては注射器の連続使用が感染理由ではないということを証明しなければいけないわけですが、この証明は簡単なことではないので、給付金は支給されるケースが多いのです

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket