給付金がもらえるか確認

自分がB型肝炎ウィルスに感染していることが分かった場合、感染経路を当然確認しようとするはずです。大人になってからの性交渉などでB型肝炎ウィルスをもらってしまったという可能性もあります。そのようなケースの場合はB型肝炎訴訟の対象者にはなりえません。しかし過去の集団予防接種等により感染してしまったことが明らかな方、さらには自分の母親が過去の集団予防接種でB型肝炎ウィルスに感染し、その母親から母子感染によってウィルスをもらってしまった人はB型肝炎訴訟の対象者になります

インターネットそしてB型肝炎訴訟ではそうした感染経路に関してきちんと証明する必要があります。いろいろと微妙なケースもあるはずなので、少し読んだだけでは自分が給付金を請求できる立場かどうか判断がつかないという場合もあるでしょう。 その家の人は弁護士などの専門家に相談するのがベストですが、その前に手っ取り早く確認したいという場合は、インターネットなどでB型肝炎給付金診断というものがありますので、そうしたサイトを使って自分で給付金を請求できる立場かどうか簡単に確認してみるのはいかがでしょうか。それでもわからない時や、明らかに給付金を請求できる立場にありそうな時はなるべく早く専門家に相談することをおすすめいたします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket