B型肝炎という問題

注射器この日本でも依然として多くの病気に悩んでいる人がいますが、B型肝炎という病気も社会的に非常に大きな病気として認知されています。しかし一口にB型肝炎ウィルスに感染していると言ってもその感染経路はさまざまです。母子感染のように親からこのウィルスをもらってしまった人もいますが、過去には集団の予防接種などの際に不衛生な注射器の使用によってB型肝炎ウィルスを感染させられてしまったという人もいるのです。こうした問題に関して国が責任を認めB型肝炎訴訟を起こす人に対して給付金を支払うことに決めました。しかし何でもかんでもB型肝炎ウィルスに感染している人に無条件で給付金が支払われるというような事はもちろんありません。必要な書類等を全て揃え、必要な条件を満たした人にやっと給付金が支給される仕組みになっています。

国が責任を認めたのになぜ訴訟と言う手間のかかる手続きが必要なんだろうと不思議に思う方もいらっしゃることでしょう。実際B型肝炎ウィルスに感染している人は過去の集団予防接種などで感染した人以外にもたくさんいらっしゃいます。ですから本当に集団予防接種などでB型肝炎ウィルスに感染してるかどうかをきちんと審議するため訴訟という方法がとられています。過去の予防接種などで注射器の連続使用が問題で感染したということを証明する必要があるわけです。逆に国側としては注射器の連続使用が感染理由ではないということを証明しなければいけないわけですが、この証明は簡単なことではないので、給付金は支給されるケースが多いのです

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket